瀬戸陽子 プロフィール

岡山県出身。山陽女子高等学校音楽科(現在ミュージックコース)出身。

くらしき作陽大学音楽学部音楽学科モスクワ音楽院特別演奏コース卒業。

チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院大学院修了。

 

第22回教育連盟主催オーディション奨励賞受賞。本選出場。

I am solistオーディション合格、岡山フィルハーモニー管弦楽団と共演。

音楽と平和国際音楽コンクールにおいて、リストの作品に対して特別賞受賞。(ブルガリア)

マリア・ユーディナ国際コンクールにおいて、プロコフィエフの作品に対して特別賞受賞。(ロシア)

ペーザロ国際コンクール第1位。(イタリア)

 

帰国後、2012年に岡山で初ソロリサイタル開催。

その後も、リサイタル、室内楽、伴奏など積極的に音楽活動を行う。

2015年に手の故障により、一時音楽活動を自粛するが、2016年より、徐々に再開する。

 

2012年~2016年までくらしき作陽大学モスクワ音楽院特別演奏コースにおいて、ロシア人ピアノ講師のレッスン通訳を務める。

2013年~2018年まで山陽女子高等学校ミュージックコース非常勤ピアノ講師を務める。

2013年~2018年まで、新倉敷ピアノ店にて、ピアノ講師を務める。

2015年~2018年まで、くらしき作陽大学子ども教育学部子ども教育学科非常勤ピアノ講師を務める。

2016年~2018年まで、モスクワ留学時代の仲間と立ち上げたピアノ教室シュコーラでピアノ講師を務める。

2018年、結婚を機に岡山の地を離れ、4月に東京に転居する。8月からは、横須賀市に転居する。

 

これまでに、ピアノを新山眞弓、故大熊直子、西野由紀子、中山敬子、故田辺緑、ウラディ―ミル・オフチニコフ、ユーリー・スレーサレフ、アンドレイ・シプコーの各氏に師事。

室内楽を、ドミトリー・フェイギン、新見・フェイギン・浩子、ウラディ―ミル・スカナビ、森悠子の各氏に師事。




Message   

出張ピアノレッスンのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今までピアノの演奏や指導に取り組んできたことを新天地でも活かせないかと思い、この度出張レッスンをさせて頂くことに致しました。

音楽の神髄とは何か。

人間の持つ喜怒哀楽、それらの表現を全て凝縮しており、その表現の種類や感情、曲の性質、特徴、作曲家の意図を深く追求し、表現するものだと思います。

 

何故、音楽は人々の心に響くのか。

何故、人々は音楽を必要としているのか。

その答えをはっきりと述べることは難しいですが、ただ私は音楽を奏でている時に感じる充実感や、様々な曲との出会いにいつも新鮮さや驚きを感じ、感動し、人生を彩り豊かにしてきてもらいました。

また音楽を聴いた時も同じように言葉では言い表わせない感動を覚えました。

結論として、音楽が素晴らしいということに間違いはない、と感じています。

その素晴らしい音楽を多くの方々に共感して頂き、少しでも日常に潤いを与えることができましたら、これほど嬉しいことはないです。


小さなお子様から、大人の方まで、まずは音楽を全身で楽しんでもらって、好きになってもらう。

そこからがスタートだと思っています。

「好きこそ物の上手なれ」

ピアノって楽しい♪

そう思ってもらえるように、楽しく、エネルギッシュにレッスンして参ります。

 

 

一緒に音の世界を紡ぎ出していきましょう♪